読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ネタバレなし】「劇場版SAO オーディナル・スケール」の感想・視聴にあたっての準備とか

劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』、率直に言って面白かったです。直接的なネタバレには注意しつつ、感想や見る前に触れたほうが良いメディア等について書いていこうと思います。

感想は後回しでまず視聴に当たっての準備について。

 

 

映画を見に行く前に

1.アニメは見るべき

お決まりの「アニメは未視聴(原作未読も含む)でも楽しめるのか?」という問いに答えるのであれば、アインクラッド編」の概要をなんとなく知っていれば楽しめないことはないと思います。(SAOっていうMMORPGでデスゲーム2年間やってました くらい)

とはいえ、本編に登場した主要キャラクターの多くが登場することや、前述したTVアニメの劇伴のアレンジ、ラストバトルのアレ(既に見た人は分かって頂けますよね)を考えると、やはり1期,2期共に視聴を終えてから劇場へ足を運ぶのが良いでしょう。特にラストバトルのアレに関しては、アニメを見ていれば鳥肌必至のシーンです。

dアニメストア最高!(マーケティング倫理に配慮したダイレクトマーケティング)

 

2.サントラを聴くと尚良し

これは1と違い必ずというわけではありませんが、TVアニメ盤のサントラを聴いてから映画を見ると劇伴で最高に熱くなれます。

特に、swordland(SAOのメインテーマ?)とluminous sword(キリトの戦闘BGM)の2つは必聴と言っても過言ではありません(過言)(矛盾)。分かる人には劇場版のBGM、"She" has a luminous sword の曲名だけで激アツというものでしょう。ラストバトルにて流れるlet's join swordsは映像に合わせた作りになっており、文句なしに本作最大の見せ場を盛り上げています。僕は鳥肌が収まりませんでした。

 

感想 

早々に視聴を終えた組からは絶賛の声が上がっ ていたものの、僕自信がアニメ放送時は原作組ということから出来栄えにやや納得していなかった節もあり、さほど期待は大きくありませんでした。しかし、結果から言えば映画は非常に満足できるクオリティで、見に来てよかったと思うに十分なものでした。無論、熱心に原作を読んでいた当時に比べて寛容になったというのもあるでしょうが。

映像面で言えば、TVアニメの比ではない程ヌルヌルと動くのに崩れない作画からは予算の潤沢さを感じました(笑) 特にラストバトルの超速戦闘は凄かったですね。バトルもののアニメ映画はBORUTO以来でしたが、このシーンだけでも一見の価値があります。

音について触れると、梶浦由記による壮大な劇伴、神田沙也加の歌う挿入歌が素晴らしいのは勿論のこと、映画館の音響で聴く重厚なSEは臨場感が違います。

もう少しオタクらしい内容を書くとします。

結城明日奈マジ正妻

アスナのメインヒロインっぷりは、本編においても他のヒロインの追随を許さないものがありますが、今作においてはそれが一層増しているように思えました。

所謂MORE DEBAN組、そして僕が勝手に準メインヒロインだと決め込んでいるシノンの見せ場も用意されており、シノンスキーの僕は狂喜乱舞していましたが、アスナの扱いは文字通り別格と言って良いでしょう。

 

以下感想というほどじゃないけどちょっと思ったこと

・ラストバトルのステージのチョイスが良い。ずっとどんな場所か気になっていたので。

・シュールな笑いを取ってくる箇所がずるい(自販機殴りつけてから「何か飲むか?」は流石に笑った)

・本編に登場するメディキュポイドにはARへの機能拡張も示唆されていましたが、今作のメインガジェットであるオーグマーとメディキュポイドは無関係…?

 

 

今年の初夏には魔法科高校の劣等生の劇場版も公開されますが、アニプレが勝負に来てるな~と思いました(小並感)

トリニティセブンは…本編の内容全く覚えてないからいいや。

 

以上。